会社 . 歴史

"""2011年、当社はその有名な100周年:
イタリアで行われたの優秀専用の仕事と成功の世紀。"""

close video
  • 2011

    ルビアム社は節目の100周年を迎え、一連の特別なイベントを推進しました。マントバで歴史的なルビアム賞の作品を美術展で公開。フィレンツェではリミティッドエディションのジャケットのカプセルコレクションをピッティで発表。同市でイタリアの有名なバンド“Elio e le storie tese”のチャリティーコンサートを実施。アート、文化、音楽、ファッションを通して、伝統と革新を融合したイベントによって企業姿勢を表現しました。

  • 2000 - Today

    創設者の熱意は父から息子へ受け継がれ、ビアンキファミリーの第四世代に引き継がれました。その精神とルーツを大切に守り抜きながら、更なる発展と革新を続けています。

  • 1980s – 1990s

    ルビアムは次々と海外へ進出を果たし発展。ロンドンのハロッズやアメリカのバーニーズ、ストックホルムのN.Kなど著名なデパートへの出店が続きました。

  • 1979

    アメリカにルビアムUSAが誕生。これをきっかけに輸出市場の活性化が始まりました。

  • 1974

    エゴン フォン フルステンベルグとコラボレーションによる初のコレクションをニューヨークのプラザホテルで発表。

  • 1971-72

    イタリアやヨーロッパの美術アカデミーで学ぶ学生たちのためのアートコンペティション“ルビアム賞”を設け、ルイジ Jr.はアートの世界と企業イメージを結びつけることに成功。

  • 1970-71

    モーターレースやボクシングなど多くのスポーツのビッグイベントに協賛。

  • 1970s

    新しい主人公は第三世代となりました。ジュリアーノが生産分野と技術分野を担当する一方、ルイジ Jr. は文化的なプロジェクトを推進しながら組織全体の制度管理を務めるようになりました。

  • 1966

    ルビアムは架空のキャラクター“ピエリーノ”を使ったテレビのキャンペーンで全国的に有名になり、イタリアの歴史的な日替わりCMショー“カロセッロ”でルビアムが世界を変えるとまで評されました。

  • 1960-62

    ビルボード、街頭ポスター、映画広告、ラジオCMなどの大々的な広告キャンペーンを実施。

  • 1950s

    当時、宣伝の天才であったジュリオ・ジュリによって“ルビアムを身に付ければ、気分は一新する”という忘れられないスローガンが誕生。そしてルビアム社の頭文字から“L”(エル)を製品のラペルにつける事が考案されました。

  • 1938-39

    1938年、マントバ郊外に従業員500人のニュープラントが完成。1939年、ルイジ ビアンキ マントバからルビアムにレーベルを変更。

  • 1936

    エドガードによる生産工程の改革により、会社は短期間に急成長。1933年に250人であった従業員はわずか3年の間に400人となりました。

  • 1929

    エドガードはフォード主義の大量生産のシステムを学び、クオリティや特徴を保ちつつ、生産時間を大幅に短縮することに成功。

  • 1916

    ウェールズの王子エドワードはそのクオリティに感銘を受け、彼のワードローブの全オーダーを受けるようになりました。

  • 1911

    ルイジは念願であった“プリマリアサルトリア ルイジ・ビアンキ”というショップをマントバにオープン。のちに2002年までルビアム社を率いる事になるエドガードはこの年に生まれました。

  • 1907

    マントバに戻ったルイジはマリア・マルキーニと結婚し、ジュリアーノ、エドガルド、ブルーナの3人の子供を儲けました。

  • 1898

    わずか16歳だった少年、ルイジ・ビアンキは曽祖父、祖父、父親の3代の志を引き継ぐため、生まれ育ったマントバを離れ、トリノやミラノでテイラーリングの基礎を学びました。