会社。社会的責任

社会的·文化のためLubiam

ルビアムは常に高い品質の製品を供給することをモットーとするとともに、人材を大切にして、芸術への高い関心を示していることは会社のカラーとなっています。また、効率性にも重きを置いています。

Lubiamファミリー·フレンドリー

道徳的で家族を考慮し、働きやすい企業を常に目指しています。企業理念を体現する為に、フレックスタイムやパートタイムの導入しており、2010年には社内に託児所を設置しました。ルビアム社のCEO、エドガード・ビアンキは家族の大切さ、チームの結束に重きを置いており、従業員に対するサポートを継続的に続ける事を企業理念としています。

Lubiamとアート

歴史的な街マントバとの繋がり、 芸術や文化への愛がルビアムのDNAにはいつも根付いています。 企業の活動もこのような繋がりを重視しており、数々の価値ある芸術品の復元や修復に貢献しています。 ルビアムプライズ(1972-1982)はイタリアとヨーロッパの芸術家を目指す若者たちのコンペティションであり、ヨーロッパの一大イベントとなりました。アリジ・サッス、ハンス・アルトゥング、グラハム・サザーランド、レナト・グットゥーソといった輝かしいアーティストたちが参加しました。2011年にはルビアム社の100周年としてルビアムプライズへのオマージュ“A Misura d’Arte”を開催しました。 2012年ルビアムはヴェネチアのグッゲンハイム美術館とのコラボレーションをスタートしMantova Creativa”では1200名を越えるマントバの学生たちがプロジェクトに参加しました。